本田ヒルズタワークリニック

 

本田ヒルズタワークリニックの包茎手術

 

本田ヒルズタワークリニックの包茎治療は、なるべく手術をせずに治療をするのが特徴です。
真性・カントン包茎に関しては手術が必須になることが多いですが、日本人の約6割を占める仮性包茎に関しては、なるべく手術をしない治療法で治していきます。

 

包皮を切除すれば問題は解決するように思えるでしょうが、感度が大幅に鈍ってしまう可能性もあります。
SEXの楽しみが激減すれば、以前のほうがマシだったと思ってしまうことでしょう。
手術をするときは、ペニスが勃起していない正常時に行います。

 

勃起時とはサイズが違いますから、フル勃起時のサイズをイメージして治療をしないと失敗します。
理想的な仮性包茎の治療法は、陰茎を長くしてカリを改善していく方法となります。
切除が不要であれば、全身麻酔も必要ありません。
極めて安全でリスクの低い方法であり、切除に抵抗のある方におすすめです。

 

切除をしてしまう場合、少なからず傷跡や出血はあります。
麻酔が切れたあとは痛みもありますし、SEXが可能になるまでは約1ヶ月かかります。
お風呂も1週間程度は不可となるので、日常においてかなりの不便を感じることになるでしょう。
本田ヒルズタワークリニックの場合は、10分程度で仮性包茎の治療が終了してしまいます。
切除しない長茎手術なので傷は針の穴くらいのものです。
出血や痛みもほとんどなく、SEXは即日から行えます。

 

術後の状態も非常によく、コンプレックスがすべて解消するでしょう。
せっかく包茎治療をしても、傷跡やツートンが残ってしまうと大変です。
包茎が治っても、これらの症状を隠すようでは手術成功とは言えないでしょう。
コンプレックスが生じてしまうと、再治療が必要になることもあります。

 

傷跡やツートンの解消に再手術を行えば、予想外のお金がかかってしまいます。
結果として数十万円を超える高額な出費となり、当初の予定とは話が違うというトラブルが起こります。
切らない方法はリスクが少ないため、安全・安心な方法を探している方に最適です。


>>≪最新版≫埼玉の包茎手術ガイド※おすすめクリニック特集!