包茎手術は、病院によって料金が変わります。

 

包茎手術にかかる費用はどのくらいでしょうか?

 

泌尿器科で治療を受けた場合、保険がきけば安い料金で手術を受けることも可能です。ただし、保険が適用できるのは真性包茎のみとなるため、保険が適用できる人はそれほど多くないとされています。

 

包茎手術は、治療のためのものと美容のためのものの2種類があります。真性包茎やカントン包茎の場合は、陰茎の機能面や衛生面でも問題があるため、治療が必要なものとして泌尿器科で健康保険を適用してもらうことができます。保険が適用されていれば、どこの泌尿器科であっても同じ治療であれば同じ料金となります。手術しても3割の自己負担で受けることができるため、2万円から3万円程度とされています。

 

仮性包茎を治し亀頭をむき出しにするのは美容目的となります。この場合は、泌尿器科よりもクリニックや美容整形などの名前でやっている病院を選ぶことが一般的です。美容目的の場合は、保険が適用されない自由診療となるため、クリニック側が診察料や手術料を自由に決めることができる自由診療です。そのため、10万円から30万円と料金の相場に幅があります。泌尿器科の中には美容目的まで対応しているところもありますが、その場合は、自由診療の扱いとなります。

 

仕上がりなどの美容的観点を期待する場合には、クリニックや美容整形などの病院のほうが適しているとされています。保険適用が可能な泌尿器科の場合は、手術箇所の見た目を綺麗に仕上がることに対して主眼が置かれていないためです。包茎が治れば見た目の良し悪しについて気にしないのであれば、低予算で受けられる泌尿器科も候補になりますが、術後の傷跡が気になると考える場合には、自由診療となるクリニックや美容整形での手術のほうが適しています。

 

また、極端に料金が安い場合は、注意が必要です。事前に提示された料金と実際の支払いが違ったり、医師の腕が未熟、設備や手術方法が時代遅れの場合などがあります。


>>≪最新版≫埼玉の包茎手術ガイド※おすすめクリニック特集!