包茎手術の痛みについて

 

包茎手術・治療はどのくらい痛いの?

 

日本は、包茎に悩む男性が数多くいます。
包茎というのは、陰茎の亀頭が、包皮から露出していない状態です。
成人した後も、亀頭が包皮から露出しない状態が続く場合は、自然に治ることはないです。
通常であれば、亀頭部は露出するので大きく成長します。

 

しかし、包茎の状態が続くと、包皮によって亀頭の発育が抑制されてしまうので、亀頭が小さいままなのです。
包茎には、手で包皮を剥くことが可能な仮性包茎、手で包皮を剥くことができない真性包茎、包皮を剥くことができるものの包皮先端が狭いカントン包茎があります。

 

真性とカントンの場合、治療が必要となりますが、仮性の場合は治療の必要はないです。
ただ、仮性の場合、お風呂で包皮内をよく洗浄して、常に清潔に保つことが大事です。
真性の場合は、包皮内を洗うことができないので、感染症にかかりやすくなります。

 

また、大人になるまで放置した場合、性機能障害のリスクも高くなるので、注意が必要です。
包茎の治療のため手術を行なう場合、痛みを気にする人は多いです。
痛みについては、個人差があり、クリニックの治療によっても違ってきます。

 

無痛麻酔を研究しているクリニックなどで治療を受けると、痛みの心配はあまりないです。
包皮の下にある血管を確認しながら、処置に必要な部分を選んで止血しながら治療する場合、出血量は少なくて済みます。
出血量が少ないと、手術の時の痛みも軽くなります。

 

手術を決めてクリニックを探す場合、腕の良い医師がいるクリニックを探すことが非常に重要です。
医師の技術力は、結果にも大きな影響を与えるからです。
医師の実績はもちろん、評判の良いクリニックを探すことが、治療を成功させる鍵となります。

 

一般的な手術は、20分くらいで終了します。
また、手術当日から、普段通りの生活を送ることができます。
クリニックでは、手術前にカウンセリングを行なうので、手術に対する不安がある場合でも、担当医師に相談することができるので安心です。


>>≪最新版≫埼玉の包茎手術ガイド※おすすめクリニック特集!