包茎手術を行うところでは、他にも様々な治療が行われています。

 

包茎治療の他の下半身に関わる治療について

 

まずはEDの治療です。包茎の人は性行為に対してあまり自信を持っている人がおらず、うまくいかないのではないか、また笑われるのではないか、バカにされるのではないかと強く思い、結果的に行為ができないという人が多くいます。包茎手術と並行してED治療を行う人も決して少なくありません。治療内容としては、まずは薬の服用が基本となります。有名なのはバイアグラで、他にもシアリス、レビトラなどがあります。3種類の薬にはそれぞれ効果や時間がバラバラなため、どの薬が一番自分にとって最適なのか、医師と相談することになります。

 

次に性病、通称STDの治療もこうしたところでは行われています。泌尿器科でも保険を使って性病の検査をしてもらい、治療することももちろんできますが、中には保険の履歴に性病での診察に使われたことを書いてほしくない、記録してほしくないと思う人も少なからずいます。こうしたクリニックで行う性病の治療は自由診療で行われるため、保険の履歴に残ることもありません。当然、性病に関する専門的な知識を有する医師がいるため、安心して委ねることができます。

 

最後に亀頭増大手術についてですが、思春期以降になると自然と亀頭が大きくなるということはありません。そのため、何かしらの物質を注入する必要があります。そのため、亀頭に注入する専用の物質があり、それを注入することで大きくすることになります。効果としては、見た目の部分が一番大きく、先細りして小さく見えるのを解消させてくれます。当然、外からの刺激にも耐えられるようになるため、包茎手術とセットで行う人もいますが、中には包茎ではなくても、亀頭を増大させたいという理由で手術を希望する人もいます。

 

健康組合によっては数カ月に1度医療費のお知らせが届きます。もし家族にそれを見られた場合、病院名でバレることもあります。それを恐れる人がこうした包茎手術をやるようなクリニックに、ED治療などに通うようになるのです。


>>≪最新版≫埼玉の包茎手術ガイド※おすすめクリニック特集!