包茎手術は余分な皮を直接切り取り縫い合わせて治療します。

 

仮性包茎は手術した後にまた戻ることはないですか?

 

余分な皮が切り取られるので、再び包茎に戻ってしまうということは一般的には考えにくいのですが、幾つかの点を注意しないと再び戻ってしまう可能性があります。

 

まず注意が必要なのが、医療機関側の不手際についてです。
手術を受けても、まだ余分な皮が余っていることがあります。
手術の経験が浅いお医者さんが受け持った場合は、余分な皮が残ってしまうリスクが発生する可能性が出てくるため注意が必要です。
治療を受けても余分な皮の量が多いときには、もう一度手術を受ける必要が出てくる可能性もあるため、前もって手術を受けるクリニックのお医者さんの実績や評判について調べておく必要があります。
お医者さんの治療の実績が少なかったり、評判があまり良くなかったりした場合は、別のクリニックで手術を受けることを検討したほうが無難です。

 

また、普段のオナニーのやり方が包茎に戻ってしまうことに影響する可能性もあります。
皮を亀頭に被せるようにオナニーをするやり方を皮オナニーといいますが、このやり方でオナニーを続けていると、皮が徐々に伸びていってしまいます。
包茎手術をせっかく受けても、皮オナニーを続けていると包茎に戻ってしまうため注意が必要です。
正しいオナニーのやり方は、亀頭をむき出しにして亀頭に刺激を与えます。
皮は根元に固定して、亀頭に被らないように行う必要があります。
皮オナニーだけでなく皮を引っ張る癖がある人は、また包茎に戻る可能性があります。
包茎手術を受けた後は、余分な皮がないため、あまり戻る可能性が高いという訳ではないのですが、普段から皮を伸ばす癖がある人は注意が必要です。

 

またあまり可能性は高くはないのですが急激に太ることによっても、余計な贅肉がペニスの根元についていき、結果的に、ペニスの皮がたるむことによって包茎に戻ってしまう可能性が出てくることがありますので注意する必要があります。


>>≪最新版≫埼玉の包茎手術ガイド※おすすめクリニック特集!