包茎矯正器具について

 

包茎矯正器具の効果は?安全なものなの?

 

包茎を治療するための手段としては手術が最も効果が大きいのですが、しかし費用や仕上がり、体への負担を考えると誰にでもお勧めできるものではありません。

 

もしその包茎がそこまで重度なものではないというのであれば、無理をして手術を受ける必要がないことも多いです。
ただそれでも放置していて包茎が治るわけではありませんから、治療する方法としては包茎矯正器具が候補に挙がってくるでしょう。
ただ「矯正」とつくと恐ろしいイメージもあるでしょうし、中には安全性は確かなのかということで不安を抱える人もいます。
実際のところこれについてはどうなのかというと、使用する器具によって変わってきます。

 

例えば包皮を剥いて固定することで包茎を解消するシールタイプであればリスクは小さいとして考えられますし、リング状の器具もしっかりサイズを間違えなければリスクは小さいです。

 

もし仮性包茎で自分の手で剥くことが出来るような状態なのであればこうした矯正器具を使って対応するというのも決して悪い方法ではありません。

 

ただ注意が必要なのは、これらの器具はあくまでも自分で包皮を剥くことが出来る仮性包茎でしか効果を期待することが出来ないということです。

 

真性やカントンのように完全に包皮を剥くことが出来ない状態になっていますと矯正器具を取り付けること自体が出来ないケースもありますし、無理をしてリングを装着しようとすると大きな問題に発展するリスクがあります。

 

特にカントンの場合は包皮の出口が小さいため無理やり剥くと元に戻らなくなり、炎症が発生したり最悪の場合亀頭そのものが壊死してしまう可能性もあります。

 

従って矯正器具を取り付けることが出来なさそうであれば、無理やり矯正器具を使うのではなく素直に手術による治療を選ぶべきと言えるでしょう。

 

包茎自体は決して珍しい症状ではありませんが、対応を間違えると取り返しのつかないことになる症状であることも事実です。
軽度の状態であれば問題ありませんが、状態が判断できない場合や明らかに重症の場合の治療はなるべく専門医に診察を受けて行うようにしましょう。


>>≪最新版≫埼玉の包茎手術ガイド※おすすめクリニック特集!