包茎の原因

 

包茎になっちゃう原因ってあるの?

 

日本人男性のおよそ7割以上が発症しているとされているのが包茎であり、種類がいくつかありますがいずれにしても性に関するコンプレックスとしては非常にポピュラーなものとなっており、悩みを抱えている人は少なくありません。そのため専用のクリニックで手術を中心とした治療を検討する人も多いのですが、そもそもどうして日本人男性の多くが包茎になってしまうのでしょうか。

 

そもそも動物の雄の生殖器は包皮に覆われていて、交尾する時に亀頭が出てくるという仕組みになっており、包皮に覆われている状態は自然の摂理であるといえます。ですが日本と比較すると外国では包茎を抱えているという弾性はほとんどおらず、国によってはそのような状態になっている人はいないというところもあります。この違いが日本での包茎が多い原因の根本となっており、文化の違いによる羞恥心がコンプレックスに繋がっているといえます。

 

どういうことなのかというと、日本では割礼や幼児時期の包皮除去手術といった文化がなく、性に関して昔から厳しい目や考えがあったことから幼い頃に包皮から陰茎を露出させるという風習や文化が存在しないのです。これによって幼い頃からずっと包皮に覆われた状態が維持されており、自慰行為を覚えてもそれに対する正しい知識ややり方を知らない人が多いので間違った方法で自慰をしてしまうことが多く、結果的に自分で剥かないと亀頭を露出できない仮性包茎が増えてしまう要因となってしまっているのです。

 

また、日本には江戸時代から続く文化である温泉などの共同浴場があるために他人の陰茎を眼にすることが多くなってしまい、それによって包茎などを気にする・恥ずかしく感じてしまう文化が根付いてしまったため、コンプレックスを抱きやすくなってしまう環境が出来上がってしまったというところも原因のひとつです。

 

つまり、包茎は日本の文化ならではの問題であり、ある意味では致し方ない問題であるといえるのです。


>>≪最新版≫埼玉の包茎手術ガイド※おすすめクリニック特集!