包茎手術にかかる時間

 

包茎手術にはどのくらいの時間がかかるものなの?

 

包茎で悩む男性にとって、包茎手術を受ける場合にどのくらい時間がかかるのか、入院する必要はあるのかという点は非常に気になるポイントでしょう。

 

基本的な包茎であれば、局所麻酔をして余分な包皮を切除し、皮膚を縫合していく治療が行われるため入院の必要はありません。手術そのものも一時間もかからずに終わる比較的簡単な治療法ですが、実際に病院内に滞在する時間はそれ以上かかるのを計算しておく必要があるでしょう。

 

まず包茎手術の場合、事前に希望する日時に予約をしておく必要があるため、当日に待合室で長時間待たされる恐れはありません。
ただしその日の体調を確認し、詳しい手術内容の説明や術後のイメージについて手術前に医師から説明があり、治療が終わった後も自宅での過ごし方や処方する薬についての説明、今後の抜糸スケジュールなどについての説明を受けるので、全て終わるのに二時間程度は見ておくと良いでしょう。

 

治療後は麻酔が効いているので痛みはそれほど実感しませんが、徐々に麻酔が切れてくると強い痛みを感じるケースが多いため、処方された痛み止めを服用し、安静に過ごすことが重要です。

 

男性にとっては痛みにデリケートな部分を治療していく包茎手術なので、数時間だけの治療で日帰りが可能だからといって軽い治療だと軽視せず、手術後はまっすぐ帰宅する心構えでいると安心でしょう。

 

翌日以降も痛みは続くため、できれば仕事の休みや有給とスケジュールをあわせると身体への負担を軽減する事が可能です。
自宅の近くにクリニックが無いという人は、電車やバスなどの公共交通機関を利用して包茎の専門医に治療をしてもらうことも可能ですが、そのときは手術が身体に与える負担を考慮しながら無理のないスケジュールを心がけましょう。

 

そうすれば長年のコンプレックスである包茎に別れをつげ、誰に見られても恥ずかしくない自分を手に入れることが出来るでしょう。悩んでいる時間がもったいなかったと思えるくらい、明るい未来が待っています。


>>≪最新版≫埼玉の包茎手術ガイド※おすすめクリニック特集!